最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方

  • 60 読みたい
  • 90 現在読んでいるもの

発行元 中山祐次郎 .

    Download がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方 本 Epub や Pdf 無料, がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方, オンラインで書籍をダウンロードする がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方 無料で, 本の無料読書 がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  関本剛
    • シリーズ名:  がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方
    • 発売日:  2020年12月03日
    • 出版社:  宝島社
    • 商品番号:  7225000128817
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    人はなぜ生きるのかーー。緩和ケア医として多くの終末期患者たちを看取ってきた40代の医師に下された「末期がん」の宣告。患者たちと立場をともにしたとき、医師は初めて命の何たるかを理解した。余命を意識しながら仕事と向き合い続ける医師が語った、「運命」の受容と抵抗のノンフィクション。

あなたも好きかもしれません

がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方 by 中山祐次郎 ダウンロード PDF EPUB F2