最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

江戸東京の寺社609を歩く 下町・東郊編 (PHP新書)

  • 70 読みたい
  • 1 現在読んでいるもの

発行元 槇野修 .

    Download 江戸東京の寺社609を歩く 下町・東郊編 (PHP新書) 本 Epub や Pdf 無料, 江戸東京の寺社609を歩く 下町・東郊編 (PHP新書), オンラインで書籍をダウンロードする 江戸東京の寺社609を歩く 下町・東郊編 (PHP新書) 無料で, 本の無料読書 江戸東京の寺社609を歩く 下町・東郊編 (PHP新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 江戸東京の寺社609を歩く 下町・東郊編 (PHP新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  槇野修
    • 編集:  山折哲雄
    • レーベル:  PHP新書
    • 発売日:  2014年04月18日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000001710
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    江戸の町民にも大人気だった、安産の神様水天宮(中央区)。江戸時代の名横綱・谷風が小野川に敗れた蔵前神社(台東区)。引き取り手がない遊女が葬られた浄閑寺(荒川区)。10万人の犠牲者を出した「明暦の大火」の犠牲者が葬られた回向院(墨田区)。「しばられ地蔵」が人目をひく南蔵院(葛飾区)。もちろん浅草寺や寛永寺、入谷鬼子母神や柴又帝釈天ははずせない……。京都・奈良だけではなく、東京にも魅力的な寺社が目白押し! ビルの隣のこじんまりした寺社にも、意外に由緒正しい謂われがあるものだ。そのような意外性が東京の寺社めぐりの魅力の一つ。本書は上記の区のほかに千代田区、江東区、足立区、江戸川区の寺社を掲載。著者の寺社めぐりの息づかいが聞こえてくる、リアリティー溢れる寺社案内。

あなたも好きかもしれません

江戸東京の寺社609を歩く 下町・東郊編 (PHP新書) by 槇野修 ダウンロード PDF EPUB F2