最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書)

  • 97 読みたい
  • 38 現在読んでいるもの

発行元 細川貂々 .

    Download 「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書) 本 Epub や Pdf 無料, 「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書), オンラインで書籍をダウンロードする 「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書) 無料で, 本の無料読書 「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  水島 広子
    • レーベル:  角川SSC新書
    • 発売日:  2014年12月24日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4334626000300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「むなしい」「どうせ、意味がない」。こんな空気が、いつ頃からか社会を覆うようになってきています。右肩上がりの時代は終わった、と言われる時代背景を考えれば、人が「むなしさ」を感じがちなのは必然かもしれません。しかし、単にそんなムードに流されて生きる力を失ってほしくはありません。自分の中に内在している力に気づき、前向きな希望を見出してほしい。「むなしさ」を感じているときは自分を変えるべき、というサインでもあるのです。「むなしさ」が心に充満したとき、その空虚さに負けないためのヒントをまとめました。水島広子(みずしまひろこ)1968年、東京生まれ。慶応大学医学部大学院修了。医学博士。「対人関係療法」の日本における第一人者。慶大医学部精神神経科勤務を経て、2000年6月から国会議員として2期5年務める。『「怒り」がスーッと消える本』ほか著書多数。

あなたも好きかもしれません

「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書) by 細川貂々 ダウンロード PDF EPUB F2

正にむなしさを感じて、むなしい、と検索したら出てきた本です。何というかむなしさと上手く折り合いをつけるには、当たり前だけど結局自分の考え次第、受け取り次第で武術に例えれば合気道だな、と考えさせられました。むなしさを感じているときは一方的に受け身の状態だけど、攻撃ではなく冷静に受け流したり等のある種の技を身に付ければむなしさを一方的に受ける事はなくなるのでは、と思いました。比較的安価な本ですので、参考程度に読むには良いと思います。少々、作中の作者の自慢が何だかなぁ…と思いました。(^_^;)