最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

妄邪船 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)

  • 34 読みたい
  • 67 現在読んでいるもの

発行元 化野燐 .

    Download 妄邪船 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 妄邪船 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 妄邪船 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 妄邪船 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 妄邪船 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  化野燐
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  人工憑霊蠱猫
    • 発売日:  2013年02月16日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000009140
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    あの魔書を追って、戦いの舞台は長崎へと遷り、新たな鬼神が姿を現す。白澤の使役者、白石優は、今も失われた研究室の仲間を思い、悲しみを抱えたままでいた。姿を消したままの夏海涼子のこともーー。鬼神を操る魔書を巡る有鬼派との戦いは、刑部(おさかべ)を離れ、真夏の長崎へ舞台を移す。白石がたどりついたのは、西の果ての阿留賀島。夏海涼子の故郷でもあった。妖怪伝奇小説“長崎編”。(講談社文庫)

あなたも好きかもしれません

妄邪船 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫) by 化野燐 ダウンロード PDF EPUB F2

登場人物が憑依獣使役者だらけになってきて、暴れ回ります。
あやしさ全開です。